Loading...

NEWS

本県産業を担う学生のUIJターン支援制度について

富山県ではUIJターン就職を支援するため、県内の登録企業に就職した県外在住の理工系学部生・大学院生、6年制薬学部生を対象に奨学金返還助成制度を設けています。 ぜひ、UIJターンを検討されている学生の皆さんに活用してもらいたいです。 また、現在の登録企業数は73社です。より多くの企業にも登録いただき、人材獲得のツールとし

Read More
高卒就職希望者の就職率が全国トップに!

昨年9月5日に発表された、高卒就職希望者の就職状況において、就職率が全国第一位と発表がありました。大変うれしいことでありますが、人材不足が加速しているという背景もあり、喜んでばかりもいられません。特に、土木建設業、薬業、介護福祉関係が人材不足との話をよく伺います。県内の中小企業に優秀な人材を輩出するために、新たな職業学

Read More
富山県総合体育センターから世界に富山を発信!!

富山きときと空港横にある富山県総合体育センターはご存知でしょうか。 県内の方もそうですが、県外の方にも知っていただきたいのでブログとしてまとめました。 1984年6月に開館され、空港に隣接していることから県内のみならず県外や国外のな団体の方にスポーツイベントや合宿等で利用されています。 平成30年度中には新トレーニング

Read More
児童生徒の問題行動の背景には長時間労働も関係している

先日、都立町田高校の生徒が教師から注意を受け、その腹いせに教師に暴言を吐き、教師が口論の後に体罰を与えるといった問題が起きました。しかも、その一連の内容がSNSにアップされました。 体罰は良くありませんが、それまでに至った背景も検証しなければ、必ずしも教師がとった行動が間違いだったとは言えないのではないかと思います。

Read More
県内高校卒業者の進路状況を見て

人口減少が問題になっているといことは、既に多くの方が周知のことであります。 人口減少には自然減と社会減の2つの要素があります。 自然減とは、お亡くなりになる方による人口の減少。 社会減とは、生活をするうえで何らかの理由によって住民票を移すことによる人口減少です。 自然減はどうしようもありませんが、社会減には何らかの対策

Read More
歴史から今の日本を考える

先日、伊豆下田と熱海へ行ってきました。 伊豆半島にある下田は今から約160年前、黒船を率いたペリーの来航をきっかけに、日本で最初の開港地となりました。 その開港に大きく関わった歴史上の人物が、日本の未来をどのように考え、行動を起こしていたのかを探ってきました。 江川英龍(ひでたつ)と吉田松陰のゆかりの地へ行き当時のお話

Read More
運動部活動の在り方について。国のガイドラインに則って県ガイドラインが策定されました。

このガイドラインは、教職員の多忙化、運動部顧問の不足、長時間練習による生徒の健康状態等への配慮の対策として策定されました。 これによって、生徒と教員の負担が軽減されるところもあるわけでありますが、全国大会を目指して取り組んでいる部活動にとっては複雑な心境であります。週2日は必ず休養日を作らないといけないことや、平日1日

Read More
県内中学校卒業者が1万人を割る!とやま留学をすすめるべき!

昨年9月5日に平成30年3月県内中学校卒業者の進路状況調査結果が発表されました。 この中で特に注目するのが、卒業者数の数です。これまで卒業者の数は10,000人を切ることはなかったのですが、今回は9,656人という結果でした。今後さらに減少していくことが予想され、進学する高校のクラス減少や高校再編などの課題も出てきます

Read More
県立大学のH29年度の取り組みが大きく評価!

富山県立大学の平成29年度業務実績に関する評価結果が、富山県公立大学法人評価委員会より評価結果の報告がありました。 特に評価された事項としては ■志願倍率が5倍台に回復。 ■県外出身者の学生割合が高かった中で、県内就職率がH28は41.9%からH29は41.8%と前年度並みを維持。 ■競争的研究資金の申請に努め、その結

Read More
次期県議選について

このたび、私、海老克昌は次の県議会選挙には出馬しない決断をしました。 次の県議会選挙には、旧新湊地区から複数名の新人候補者が出馬表明をしており、 街を二分三分して票を争う選挙戦が予想されました。 その中で、街を二分三分して戦う事が、ふるさと射水にとって良い影響を与えないのではないか? と、後援会の皆さんと話し合い、辛い

Read More